新刊情報

『国会質問制度の研究 =質問主意書 1890~2007=』 5月3日刊行

Category:News ー Posted by JPN at May 01,2012

国会質問といえば、多くの人が本会議における質疑応答のシーンをイメージすることでしょう。こうした質疑以外にも、国会質問には文書化した「質問主意書」を政府に提出し、回答を要求するシステムがあります。長い間運用されてきている国会質問制度ですが、かつて国会議員の政策担当秘書であった著者は、「質問主意書」というシステムを活用していくうちに、「国会質問制度」そのものにいくつかの疑問と問題点を抱き、調査・研究を開始しました。そして、研究結果を整理し、わかりやすくまとめ上げたのが本書です。
本書では、①国会の質問制度の前史、②現行制度の形成史、③質問制度の運用、④質問主意書の作成過程、⑤質問主意書の役割と機能の検証、という5つの視点から質問制度の意義を立体的に考察。質問制度の機能や役割、可能性を明らかにしています。
本書の目的は、国会の質問制度の意義を明確にし、効果的な国会改革のための視点を提供することにあります。国会議員や秘書など国政にかかわる専門家はもちろんのこと、政治学を専攻している学生の皆さん、あるいは一般の多くの方々にも、国政に対する理解を深める一助となるでしょう。

・著 者:田中 信一郎 
・分 類:書籍
・刊行日:2012/05/03
・ISBNコード:978-4-905240-02-0
・判 型:A5(上製)
・ページ数:280ページ
・定 価:4,725円(本体4,500円+税)
・発 行:日本出版ネットワーク

【お問い合わせ】
・電話:03-5281-0062
・E-mail:book2@ochamedia.net

CATEGORY
ARCHIVES

(c) 2012 JPN | powered by WordPress with Barecity